HOME > タイトルタグを設定しよう!

タイトルタグを設定しよう!

2013年07月01日 SEO全般

検索エンジンの検索結果からユーザーを集客する場合はタイトルタグというのが欠かせません。

なぜ欠かせないのかというと、ユーザー、検索エンジンにページの内容を伝える役割があるからです。

仮に検索エンジンの検索結果から集客できたとしても、ページ内容がうまく伝わっていないため、ユーザーが離脱してしまう恐れがあります。

そこで検索して訪れるユーザーを意識したタイトルタグを設定する必要が出てきます。

スマートSEOのタイトルタグ

 

タイトルタグはHTML上の

<head>~</head>

の中の

<title>~</title>

という形で記述しなければなりません。

記述すると検索エンジンの検索結果では、

Google検索結果でのタイトルタグ表示

上のように反映されます。

タイトルタグを設定する場合は以下のポイントに注意しながら設定してみましょう。

1.検索結果で表示させたいキーワードを含ませる

タイトルタグに検索上位を狙いたいキーワードを含ませるようにしましょう。

しかし、検索上位を狙いたいからといってキーワードを無理やり多く含ませるような行為は検索エンジンからスパムと判断される恐れがありますので注意しましょう。

適切にキーワードを含ませるようにすれば検索結果から効果的にユーザーを集客することができます。

またキーワードの配置ですが、先頭に設定することで検索結果で表示されやすくなりますが必ず先頭に設定しなければいけないという必要はありません。

ページ内容がしっかりと伝わるタイトルタグを意識して設定していくようにしましょう。

2.文字数

ユーザーに対してページ内容をしっかりと伝えるためのタイトルタグを考えているとページ内容によっては文字数の長いものになってしまうこともないとは言えません。

タイトルタグで文字数が長いものを設定してしまうと、検索結果に表示された時に途中で途切れてしまいます。

しかし検索結果で表示された時に途切れてしまうからといって必ず途切れないものを考えてタイトルタグは毎回無理やりに短いものにする必要はありませんが、検索結果やソーシャルブックマーク上でちゃんと表示される文字数は32文字が良いと言われています。

タイトルタグを設定する場合には20文字~30文字程度を意識してみると良いのではないかと思います。

3.ブランド名

風俗・アダルト系サイトのタイトルタグを見てみると「〇〇ナビ」や「〇〇ネット」といったブランド名を含ませているものがあります。

こうしたブランド名をタイトルタグに含ませることで、検索結果でブランド名を含ませたタイトルタグをユーザーが発見した場合に認知されやすくなります。

さらに検索して訪れたユーザーに対しておもてなしの心を持って1つ1つのページを用意していけば、「〇〇ナビというのは満足して帰れる(評価の高い)サイト」として認識されやすくなっていきます。

4.競合サイト

競合サイトがどのようなタイトルタグを設定しているのか参考にしてみるのも良いです。 またはてなブックマークの人気エントリーになったものも参考になります。

特にブックマーク数が多いものは1度目を通しておくと良いです。

5. タイトルタグを変更する

ページで1度設定したタイトルタグを変更する場合は、慎重に行いましょう。 変更した場合、検索結果で影響が出る恐れがあります。

特にトップページのタイトルタグは1度設定したものは余程のことがない限りは変更しないようにした方が良いです。

まとめ

今回はタイトルタグを設定する場合に注意して頂きたいポイントをいくつかご紹介しましたが、この他にも検索するユーザーにとって魅力があり、クリックしたくなるようなものにすることも大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

SEOについてお問い合せ・ご相談はこちらから
PAGE TOP