HOME > アダルトサイトでもSearch Consoleには登録してください

アダルトサイトでもSearch Consoleには登録してください

2015年09月27日 

アダルトサイトを運用しているウェブマスターの方にはアダルトサイトだからという理由でSearch Console(旧Googleウェブマスターツール)への登録を躊躇っている方がいるようです。


結論としては、アダルトサイトでもSEOを重視されているのであればSearch Console(旧Googleウェブマスターツール)への登録を行なって下さい。

以前Googleの共同創始者であるラリー・ペイジ氏が
「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである」
と述べたことがあります。これはアダルトにおいても同じことだと私は考えています。ですのでアダルトコンテンツであろうと、求めている人が多くいるコンテンツにおいてはなんら後ろめたいことはありませんし、アダルトコンテンツであるがゆえにペナルティ(≠低評価)を受けることはありません


そもそも検索に表示される時点でGoogleからアダルトサイトだとバレてます。

仮にアダルトサイトであることがGoogleに分かった時点で、Googleからのサイト評価が一般サイトよりも低評価になると仮定したとしても、Googleにインデックスされ、Googleの検索結果に表示されている時点であなたのサイトがアダルトサイトだということは既にGoogleにバレています。


また、あなたのサイトがアダルトサイトである以上、上位表示を希望されているキーワードも多分アダルト要素を含むキーワードでしょう。そうであればライバルもアダルトサイトである以上、Googleからは同じようにアダルトサイトと判定されたサイト同士の上位争いになります。
つまりライバルサイトとの相対性の観点からGoogleにあなたのサイトがアダルトサイトであることがバレたところで何の問題もないのです。


※ここではアダルトサイトが一般サイトに対して低評価を受けているかどうかは検証せず、そういう可能性もあるという形で記載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

SEOについてお問い合せ・ご相談はこちらから
PAGE TOP