HOME > SEO対策するキーワードは「風俗」なのか「サービスカテゴリ名(デリヘル等)」なのか。

SEO対策するキーワードは「風俗」なのか「サービスカテゴリ名(デリヘル等)」なのか。

2015年05月28日 

お客様がSEOキーワードを選定されるとき、「風俗」という業界名なのか「デリヘル」等のサービスカテゴリ名なのかで悩まれることが多いようです。

もし検索数が同程度であるならば有無を言わず自社のサービスカテゴリ名(デリヘルであれば「デリヘル」)で対策をするべきです。

自社のサービスがデリヘルであった場合下記のように検討します。


【検索数によるキーワードの選定】

  • 風俗 > デリヘル :検索数や競合で検討
  • 風俗 ≒ デリヘル :デリヘルで対策
  • 風俗 < デリヘル :デリヘルで検索

問題は「風俗」と「デリヘル」で圧倒的に「風俗」のキーワード数が多かった場合にどうするかです。
この場合下記に注目します。


【「風俗」キーワードの検索数が多い場合の検討項目】

  • ・各キーワードの競合度
  • ・サイト上に「風俗」というキーワードを自由に記載できるかどうか
  • ・地域的な「風俗」の認識状況
  • ・「風俗」と「デリヘル」の検索数の差がどの程度なのか

サイト上に「風俗」というキーワードを自由に記載できるかどうか

自社サイト内に対策するキーワードが記載できない状況では対策は難しいため、自社サイト内に「風俗」というキーワードを自由に記載できるかどうかを検討します。


地域的な「風俗」の認識状況

地域により「風俗」と言えば「???」という風俗という単語に対する認識状況が異なる場合があります。これは地域の条例などによって業種の展開状況が異なることが原因です。自社のサービスが「風俗」の代名詞になっていない場合は「風俗」での対策はお勧めできません


「風俗」と「デリヘル」の検索数の差がどの程度なのか

弊社では「風俗」のキーワードが「サービスカテゴリ名」よりも1.5倍以上あり、競合度が同程度であれば「風俗」キーワードでの対策も有りだと考えております。


各キーワードの競合度

こちらに関しては大手ポータルの上位ランクイン状況、競合他社のSEO最適化状況などを分析することで確認します。ただし常日頃様々なキーワードで状況を確認していないと判断は難しいです。


いかがでしたか?対策キーワードを悩まれた際はこちらの内容を参考にしていただければ幸いです。
「風俗」での検索数がサービスカテゴリより圧倒的に多い場合は総合的に判断する必要がありますがキーワード選定に慣れていないとなかなか答えを出すことが難しい場合もあります、悩まれた場合はお気軽にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

SEOについてお問い合せ・ご相談はこちらから
PAGE TOP