HOME > ページランクは死んでいる?

ページランクは死んでいる?

2013年11月13日 アルゴリズム

SEO関係の記事を読んでみると、


ページランクの更新は年内はなさそう


このような記事が目についた。


Googleツールバーで確認できるページランクは2013年2月にメジャー更新が行われてから未だ(2013年10月)に更新がされていないのだ。

 

この記事の中では、「2013年中のPageRankの更新はない」とGoogleのマット・カッツがツイートというSEO業界では著名な鈴木謙一氏が執筆されている海外SEO情報ブログの記事が掲載されており、2013年はメジャー更新が行われただけで、「年内の更新はない」とGoogleの品質管理チーム最高責任者はないと語っている。(もしかすると、今後ページランクの運用が中止されるのではないかという推測を立ている方もいる)


ページランクといえば、昔からGoogle検索のランキングを決定する要因になっていると言われている。


今回Googleツールバーで確認できるページランク更新が、年内にはないということでがっかりされいる方もいると思うが、SEOだけじゃない Web集客コラムというSEOブログでは「PageRankは事実上死んだな」という記事が公開されており、


「PageRankなんかそんなことを考えている暇があったら、それ以外のところに注力しなさい」


このようなことが書かれており、私はこれとまったく同意見である。そもそもページランクが高ければ、検索結果で上位表示されるわけではないし、低くても上位表示しているサイトは存在している。


だからSEOだけじゃないWeb集客コラムの筆者と同じくページランクは見てはいるがあくまで参考程度にしか見ていない。


ましてや、PageRankは事実上死んだな」という記事の中では日本のサイトのページランク10、9が公開されていたが、Google検索でインデックス削除されたものや明らかに怪しいアフィリエイトサイトがページランク9、10になっているため、このままページランク更新どころか提供を中止した方がいいんじゃないのかと思っている。


今日はそんな別になくなっても特に問題はないページランクの話でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

SEOについてお問い合せ・ご相談はこちらから
PAGE TOP